新器機導入、プラズマポイックウォーター

お問い合わせはこちら

新着情報

新器機導入、プラズマポイックウォーター

2020/04/23

虫歯予防や、感染予防、口臭予防などに効果の高い口腔洗浄液、ポイックウォーターを約1年前より個人的に使用しておりましたが、効果を実感し、特に朝の起床時の口腔内の爽快感が高いために、当院の患者様の皆様にもおすすめしたく、ポイックウォーター作成の器械、プラズマポイックウォーターを導入いたしました。

精製水と高度精製塩を、60分という長時間にわたり丁寧に電気分解して作成するポイックウォーターは、有効残留塩素濃度500ppmの高濃度を、そのまま口腔内に使用できるpHに調整されています。(一般の高濃度電解次亜水の倍以上)

次亜塩素酸水と混同されることがとても多いのですが、次亜塩素酸水はpHが微酸性、弱酸性、強酸性なので、歯そのものを溶かしてしまいますので口腔内には使用しないで下さい。

次亜塩素酸水は殺菌力は非常に高く、手指消毒や器具の消毒などには安全に使えますが、酸性で歯を溶かしてしまうため、口腔内に使用できないか、使用できても濃度が非常に低いものになるため、口腔内での効果が期待できません。

次亜塩素酸水や電解次亜水は、コロナウイルスにも有効と考えられており、4、5月中には経済産業省主導のもと、実際にコロナウイルスの不活化試験なども行われるようです。

コロナウイルスはエンベロープウイルスなので、ノロウイルスのようなノンエンベロープウイルスと比較すると消毒液などに弱いのですが、ポイックウォーターはノロウイルスでも不活化させる殺菌力をもっているため、コロナウイルスにも効くことが証明されることを強く期待しています。

私を含めて、当院のスタッフは全員、診療時だけでなく普段からスプレーボトルを持ち歩き、外出先(生活必需品の買い物等)での手指消毒や顔の消毒、スマホ画面などの消毒に役立てています、こういう時に口腔内にも使えるポイックウォーターなので安心です。

医院では5倍希釈して100ppmにしたものをスプレーボトルに入れて各診療台に設置し、患者様ごとに診療台や手すりなどを消毒しています。

また10倍希釈して超音波加湿器に入れて噴霧もおこなっております。

とても使い道の広いポイックウォーターですので、皆様もぜひご愛用いただけるよう、専用ボトルを発注しております。

ボトル入荷次第販売もさせていただきますので、毎日の口腔ケアだけでなく、コロナウイルス対策にも是非ご活用下さい。

 

 

 

 

 

 

                                             

 

                               二条駅5分 四条大宮10分 千本三条バス停すぐ

                                京都市中京区壬生朱雀町2-13朱雀K'sビル2階 

                                              すざく小林歯科

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。