二条の歯医者を・すざく小林歯科のインプラントについて説明していきます

お問い合わせはこちら

インプラント

歯を取り戻す最新の治療方法

インプラントは入れ歯やブリッジなどに代わる治療法として開発された 新しい治療法です。
入れ歯が動いて噛みにくい、笑った時に入れ歯のツメが見える、自分の綺麗な歯を削らないといけない等の悩みを改善でき、自分の歯に近い感覚で物を噛んだり、話をしたりすることが出来ます。

 

院長は、山口歯科医院京都インプラントアンチエイジングセンターでの勤務経験が10年以上あります。(現在も在籍)
難症例などの治療経験もあり、インプラント治療経験が豊富な歯科医です。
また、インプラント治療に必須である歯科用CTを設置しており、精密な画像診断が可能で、インプラントの手術を安全かつ正確に行うことが出来ます。

インプラントをお考えの方へ

インプラントとは歯の無くなってしまった所にチタンのネジを埋め込む ことで、自分の歯が戻ってきたような感覚で食事を楽しむことができ、 現在では世界中で広く行われている治療法です。
しかしインプラントを埋め込み、上部構造(人工歯)を装着しても インプラントの周りが汚れていると歯肉が炎症を起こし 、最終的にはインプラントの周りの骨が溶けてしまいインプラント が抜け落ちてしまうことがあります。(インプラント周囲炎といいます)
また喫煙や強すぎる噛み合わせ、糖尿病などの全身的な病気、免疫抑制剤、骨粗しょう症の お薬(ビスフォスフォネート系)を服用されてる方、口腔内が乾燥しやすい方などもインプラントの周囲の骨を吸収させる可能性があります。

インプラントは歯ぎしりや強いくいしばりなどの力に悪影響を受けやすいため治療終了後にマウスピースを作製し就寝時に装着していただきます。
このような事をなるべく起こさないために、インプラントをされた患者様全員にメンテナンスを受けて頂くようにお願いをしております。
口腔内写真撮影、レントゲン撮影や歯石除去、インプラント周囲のお掃除や口腔内の衛生指導などをさせて頂いております。
インプラントやその他の歯の経過を見ていく事により、患者様のお口の中の健康を長期にわたり維持して頂きたいと考えております。

インプラントのメンテナンスにつきましては別途費用がかかります。
費用につきましては患者様により異なりますので、当院よりご説明させて頂きます。
また、残っているご自身の歯のメンテナンス及び治療につきましても治療費がかかります。
尚、メンテナンスに来られない患者様につきましては、保証致しかねますのでご了承ください。
当院が施術したインプラントに関して修理や再治療が必要になった場合の治療費は保証させて頂きます。(10年保証)
この保証は再製を意味するものであり、治療費の返金はございません。
当院で使用しておりますノーベル・バイオケア社製のインプラントはロット番号による製品管理がされており、メーカー保証のついた信頼のおける製品です。

インプラントの流れ

STEP1 初回相談

STEP2 精密検査

CT撮影、必要な場合は模型作成の型取りを行います。

STEP3 診断・治療計画

精密検査で得た資料を基に治療計画を立てます。

STEP4 1次手術

インプラントの大きさに合わせて歯槽骨に穴をあけインプラントを埋め込みます。

STEP5 インプラントと骨の結合期間

骨の形態、状態、骨移植の有無により期間に幅があります(約2~6ヶ月)この間は仮の義歯を使用することが出来ます。

STEP6 2次手術

インプラントの大きさに合わせて歯槽骨に穴をあけインプラントを埋め込みます。

STEP7 仮歯を入れる・人口歯の型取り

最終的な上部構造(人工歯)を作製するための型取りをします。

STEP8 完成した上部構造(人口歯)を装着

インプラント治療の完了です。

STEP9 マウスピース作製

STEP10 治療後のメンテナンス(3ヵ月に1度) 

インプラントのメンテナンス

インプラントのメンテナンス

通常は3ヶ月おきに(1年に4回)メンテナンスを行ないます。
インプラント周囲のメンテナンスは自費となります。
半年に1度は上部を撤去しインプラントの周りの清掃をします。

 

・インプラント1歯 上部撤去なし  500円(税抜き)
・インプラント1歯 上部撤去あり 1,000円(税抜き)

インプラントの寿命

天然の歯と同様に、手入れが悪いとインプラントの寿命も短くなってしまいます。
インプラントを維持するには、歯茎と顎骨が健康な状態を保っていなければなりません。
そのためにも正しい歯の磨き方(清掃方法)を守り、毎日確実に続けることが大切です。
またインプラントも人間の体が年齢と共に変化していくのに応じて、定期的に検査をして調整する必要が あります。メンテナンスをして適切な処理を行うことがインプラントの寿命を延ばすことに繋がります。

タバコとインプラントの関係

タバコはインプラント周囲の歯肉にダメージを与え、最終的に血液循環の 悪化から骨が溶けていきます。
このため、インプラント手術をする2ヶ月前から禁煙をしてもらう必要があります。
インプラントを長く持たせるためには、タバコは基本的にやめて頂く必要があります。

マウスピース

歯ぎしりはインプラントだけではなく、他の歯にとっても脅威です。 歯ぎしりによる力は普段食事で噛む力の何十倍にもなります。マウスピースで歯やインプラントを守りましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。